ビットコインのマイニング

ビットコインが1ビット200万円代の時に、ビットを購入して、今、ビットコインの下落にがっくりと肩をおとしている友人同様、ビットコインのマイニングに投資をしていた会社の同僚も、最近では一切ビットコイン、その他のアルトコイン、仮想通貨の話自体をしなくなった。

前は、暇さえあれば、ビットコイン、ビットコインと言っていたのに。不思議なものだと思う。

当時、マイニングの投資をしていた会社の同僚は、ビットコインを買って、ただ価格上昇をするのを待っている人たちの事をバカにしていた。持っているだけでは、1ビットはいつまでたっても1ビットのままで、増えることはないからだ。マイニングに投資をすれば、マイニングの報酬によって日々ビットは増えていく。つまり賢い投資だと言っていた。

でも、どうだろう。ビットコインの価格が下がり、ビットコインのマイニング事業から手を引いた会社もあるほど。マイニングには膨大な電気代がかかる。マイニングをする機会(コンピューター)を動かすためだ。その膨大なコストをかけて、計算式をとき、1ビットを採掘できたとしても、価格が一時期の6分の1まで下がっていては、間違いなく赤字だ。マイニングをしている会社自体が赤字なのだから、そこに投資をしている人が儲けることができるわけがない。

だけど、昨日も書いたが、この仮想通貨が不景気の時期でも、この業界で稼いでいる人がいるのは事実だ。

何か、いい方法があるはずだ。それを探しあてるまで、僕の興味は尽きることがない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です